マイナンバーカードが健康保険証として使えます

マイナンバーカードで医療機関を受診できる仕組みが一部で始まっています。
利用申込が必要ですので、受診前にマイナポータルから行いましょう。

マイナンバーカードとは

マイナンバーカードは、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付きのカードです。IC チップが搭載されており、本人の身分証明書としてだけでなく、さまざまな行政サービスを受けることができるようになります。

顔認証で受付が自動化される

受付が自動化され、人との接触が最小限に。感染予防にも効果的です。

転職・結婚・引っ越ししてもそのまま使える

新しい健康保険証の発行前でもマイナンバーカードで受診できます。

限度額以上の医療費の一時支払いが

高額療養費の限度額適用認定証がなくても、支払いが限度額までに。

健診結果や投薬歴に基づく治療が受けられる

同意すれば、医師や薬剤師がデータを確認して治療に当たれます。
※特定健診情報の閲覧は、医療保険者によって開始時期が異なります。

健診結果や服薬歴を管理できる

マイナポータルから健診結果や服用した薬の履歴を管理できます。
※特定健診情報の閲覧は、医療保険者によって開始時期が異なります。

医療費控除の申告が簡単にできる

医療費情報の自動入力で、医療費控除の申告が簡単にできます。
※令和3年分所得税の確定申告から。

マイナンバーカードを取得しましょう

スマートフォンによる申請
スマートフォンのカメラで顔写真を撮影。申請用WEBサイトにアクセスし、必要事項を入力したら、顔写真を添付して送信します。

パソコンによる申請
デジタルカメラで顔写真を撮影し、パソコンに保存。申請用WEBサイトにアクセスし、必要事項を入力したら、顔写真を添付して送信します。

証明写真機からの申請
タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択。撮影金額を投入し、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。画面の案内に従って必要事項を入力し、顔写真を添付して送信します。

※申請できる証明写真機とできないものがあります。

郵送による申請
個人番号カード交付申請書に氏名を記入し、本人の顔写真を貼り付けます。送付用封筒に入れて、郵便ポストに投函します。

受診の前に利用申込

マイナンバーカードを健康保険証として利用するには申込が必要です。医療機関・薬局の顔認証付きカードリーダーでも申込できますが、待ち時間短縮のため、マイナポータル等(セブン銀行でも申込可能)での事前の申込がお勧めです。

 

お申込みの手順

①マイナンバーカードを取得時に設定した暗証番号(数字4桁)を用意

②アプリ「マイナポータルAP」をインストールし、起動

③健康保険利用の申込ボタンをタップする(押す)

④利用規約等を確認して、同意する
※併せてマイナポータルの利用者登録が行えます。

⑤マイナンバーカードを読み取る
数字4桁の暗証番号を入力し、マイナンバーカードをスマートフォンにぴったりと当てて、読み取り開始ボタンを押します。

icon_arrow_sub_green マイナンバーカード利用の5つのメリット(PDF)

 

マイナンバーに関するお問い合わせ

<マイナンバー総合フリーダイヤル>
0120-95-0178(無料)平日9時30分~20時00分/土日祝9時30分~17時30分(年末年始を除く)

マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。

 

<一部のI P 電話等で上記ダイヤルにつながらない場合>

マイナンバーカード等:050-3818-1250
その他のお問い合わせ:050-3816-9405